Facebook集客を考える!Facebookをやった方が良いサロン、やらない方が良いサロンとは

サロンオーナー様にとって「集客」はサロン経営において最も重大な課題の一つだと思います。

集客の方法も今や多種多様で、一昔前はティッシュ配りや折込チラシなど手間とコストのかかるものばかりでしたが、最近ではFacebookやTwitter、インスタグラムなどのSNSを利用した集客も注目されています。

そこで今回はその中でもFacebookに焦点を当ててその集客について考えていきたいと思います。

またFacebookをした方が良いサロン、しなくても良いサロンについても併せてご説明していきますので是非参考になさってみて下さい。

Facebookをした方が良いサロン

既存客とすでに繋がっているサロン

Facebookを現在利用しているサロンで自店のサロンのFacebookページを既存のお客様がフォローしているのならそれを上手く利用しない手はありません。

なぜならお店以外でお客様とダイレクトに繋がっていると言うのはとても貴重だからです。

来店されたお客様のフォローはもちろん、店舗の情報や新商品、サービスのご提案までダイレクトに出来ると言うのは大きなメリットです。

またお客様との距離が近い場合は、普段からFacebook上で頻繁にやり取りを行うことでより親近感を抱いてくれるはずです。

Facebookページを作ってみたものの、ほとんど活用されていないサロンは改めて既存客とのコミュニケーションツールとして活用するのをおススメします。

見込み客と繋がっているサロン

既存客と同様、見込み客が自店のFacebookページ内で繋がっている場合にもFacebookの活用は集客に効果があるかもしれません。

例えば何かしらの交流会や、お友達とのイベント、ママ友の集まりなどで知り合った方とFacebookで繋がっていた場合、その時だけの知り合いでもそれが自分のサロンの見込み客になってくださることは十分に考えられます。

もしその後の交流が無くても、改めてサロンについての情報を発信すればあなたの事を思い出してもらうきっかけになる可能性があります。

このようにFacebookで繋がってさえいれば潜在的な見込み客の発掘に繋がることもあるのです。

拡散したい情報があるサロン

FacebookはSNSの一つなので不特定多数に情報を発信できるというメリットがあります。

例えば皆様がブログを運営していたとしましょう。

そのブログにいくら有益な情報やお得な情報を書き込んだとしても、そもそもそのブログに月間何人の方がアクセスしてくれるでしょうか?

一方Facebookなら黙っててもとは言いませんが、皆様をフォローしている方にはブログと違って勝手に情報を発信してくれます。

そしてその情報に興味があったり、本当にお得に感じれば自分の友達に「シェア」されます。

このシェアが増えれば増える程、鼠算式に情報は拡散していくという訳です。

わざわざ見に行かなければならない情報よりも、情報が自動的に飛び込んできて広がっていくツールの方が魅力的な場合もあります。

特に、Facebookで繋がっている方が多い人ほどFacebookで情報が拡散するスピードとその効果を実感するスピードは同じくらい早いでしょう。

広告費をかけられるサロン

Facebookには地域やターゲットを詳細に設定してその方にだけ有料の広告を発信できる機能が備わっています。

費用も1日数千円~と細かく指定できるので、新聞折り込みなどと比較すればよりコストを抑えて、よりターゲットを絞って自分のサロンの宣伝を行うことが出来るはずです。

費用対効果に関しては業種ごとに大きく変わるのが現状ですが、とにかく自分のサロンを効率よく宣伝したいと考えているオーナー様には是非ご検討いただきたい方法の一つです。

Facebookをやらなくていいサロン

Facebookを作ってみたものの既存のお客様にほとんどフォローされていない、見込み客もいないと考えられるサロンは大きく時間を割いてFacebookを運営しなくても良いと考えます。

もちろん時間があるのならFacebookに力を入れた方が絶対にプラスになると思うのですが、同じ時間を使うなら他に時間を割いてやらなければいけないことが沢山あるはずです。

有料広告を出しているなら広告の反応に応じて媒体を再選定したり、広告の内容を変えるなどの方がFacebookよりも優先順位は高いはずです。

またサロンの顧客層が若い方中心なら、現在はFacebookよりもインスタグラムに乗り換えている方も多いので、その辺りの見極めも重要になりそうです。

Facebookを利用する際は滞在時間にご注意を

Facebookもそうですが、様々なSNSを利用しているサロンの方に五中頂きたいのが「SNSの滞在時間」です。

多くのSNSを利用しているということはその分SNSの投稿や返信にかかる時間が多くなるということになります。

SNSでの集客に力を入れたい気持ちはとても理解できますが、そのせいで本当にやらなければいけないことに費やす時間が少なくなっていませんか?

「お客様が投稿した写真にイイネ!しなきゃ」

「なんてコメントしたらいいかな」

毎日毎日このようなことに時間を使っていては皆さんの時給はどんどん下がります。

なぜならその間売り上げは0円だからです。

このようにSNSに縛られて本来の目的を見失っては元も子もありません。

Facebookはやらないよりやった方が圧倒的にプラスになる面も多いですが、ご自身の現状をもう一度見つめなおして「今取り組むべきなのかどうか」をしっかりと判断しましょう。