融資を受けて開業する方必見!日本政策金融公庫の審査に通るポイント

独立や新規にサロンを開業する際に銀行よりも比較的簡単に融資を受けることが可能なのが日本政策金融公庫からの借り入れではないでしょうか。

事実個人サロンを開業している方の多くがこの日本政策金融公庫から融資を受けている実績があるので多くのあなたがこの機関を利用したいと考えているはずです。

そこで今回は日本政策金融公庫から融資を受ける際の流れや審査を通すためのポイントについてご説明したいと思います。

日本政策金融公庫とは?

日本政策金融公庫とは100%政府出資の政策金融機関のことで、銀行などの一般の金融機関を補完し、国民生活の向上を目的として運営されています。

かいつまんで離せば銀行などのように利益を追求するだけが目的ではなく国民のために運営されている銀行ということです。

ですので日本政策金融公庫の特徴として

  • 事業の実績が無くても銀行より融資を受けやすい
  • 創業資金の融資に積極的
この2点が挙げられます。

あなたが個人サロンを開業する際、恐らくその多くが初めて事業をする方ばかりだと思います。

利益追求が目的の銀行の場合、実績がない方が融資の相談をしてもほぼ100%受かりません。

一方、日本政策金融公庫なら事業の実績が無くてもその事業が国民の生活の向上に繋がると判断すれば融資をしてくれます。

つまりこれから新規事業に取り組もうと考えている方はこの日本政策金融公庫が向いているのです。

融資を受けるために事業計画書を作る

比較的融資の審査が甘いとは言え誰にでも融資をしてくれる訳ではありませんので、これから始める事業がどのような内容で、どの程度の売り上げがあがるのかを詳細に説明する事業計画書を作成して融資の審査をクリアしなければなりません。

事業計画書の書き方について説明すると非常に長くなるのでそこは別の機会にしますが、とにかく事業計画書の出来によって融資が受けられるかどうかが決まります。

何となく予想したようなどんぶり勘定では当然審査をクリアすることは出来ませんので、しっかりと事業計画を練ってください。

融資が通っても希望額全額が借りれる訳ではありません

これも結構勘違いしている方が多いのですが、審査が通っても融資希望額が全額融資される訳ではありません。

例えばサロンの開業に必要な額が500万円だとすると貸す側としては必要な資金の内いくら自己資金があるのかというのもチェックします。

500万円丸々貸すのと、500万円の内自己資金が250万円ある方の2択なら後者の方が貸す側のリスクは少ないからです。

ただ自己資金が用意できない方もいると思うのでこれに決まりはありませんが、過去の実績から見ても融資を受けている方はいずれも開業資金の3~5割を用意していた方がほとんどのようです。

もし開業資金が全くない場合は審査そのものがクリアできない確率が非常に高いということを予め認識しておきましょう。

新しい事業とあなたの職歴が審査に関係する

融資の審査では事業計画書も大ことですがこれから始める事業と融資を受ける方の職歴も大いに重要です。

例えば新規事業でエステ店を開業しようとしている方の過去の職歴が飲食店勤務では当然融資は難しいでしょう。

一般的に考えてこれから始める事業についての経験がない方に大金を貸しても失敗するリスクの方が高いのは小学生でも分かることです。

もし未経験のジャンルで事業を始めようと考えている場合は日本政策金融公庫の融資を受けることは難しいかもしれません。

審査には全ての見積もりが必要

融資の審査を受ける際に最も厄介なのが、審査前の段階で必要な予算の内訳を細かく明記しなければならない点です。

  • 物件の取得にかかる費用
  • 機材や設備などの経費
  • 備品や消耗品などに必要な費用
こういったものを購入する前から見積もりを出してもらい提出しなければならないのです。

加えて厄介なのが、これらの見積もりは業者が作成したもので無ければ無効だということ。

せっかく業者に見積もりを作ってもらっても融資に受からなければ全て無駄ですし、業者にも迷惑がかかってしまうかもしれません。

ですがこれは審査する際に絶対に必要になるのでその点にもご注意下さい。

通帳もチェックされる

意外と落とし穴なのが融資の際に通帳のチェックをされるということです。

中には自己資金があるように見せかけるために知り合いから一時的にお金を借りて入金しておく方もいるでしょうが通帳を見て不自然に大金が入金されていれば当然そのことについて突っ込まれるはずです。

ここで正当な理由を説明できなければ融資の審査に悪影響を及ぼすことは間違いないのでお金の流れについてもしっかりと計画しておきましょう。

融資を受けるのはそんなに高いハードルではない

ここまでで融資を受けるためのいくつかの流れやポイントを説明してきましたが、これを見てハードルが高そうと思った方は融資を受けるべきではありません。

今までのポイントというのは本気で開業をしようと考えているなら誰でも簡単にクリアできるものばかりだからです。

逆に言えば開業に向けてきちんと準備が整っている方にとっては融資のハードルは意外と低いはずです。

また万が一しっかり準備していたにもかかわらず審査に落ちてしまったとしてもここまで準備した経験が絶対に活かされる時がくるはずです。

そういう意味でも融資を受けるという行為そのものが有意義な経験になるのではないでしょうか。