売上げアップの為に来てほしくないお客様を「リストラ」するのが大事な理由

サロンを経営している方なら誰しも顧客ターゲットにマッチした理想のお客様だけに来店して欲しいと望んでいるはずです。

もし来店される方が皆さんの望むようなお客様ばかりなら皆さん自信のモチベーションも上がるでしょうし、お客様の満足度だってきっと高まることでしょう。

しかし現実はそう甘くないので、実際には言い方は悪いですが面倒なお客様や厄介なお客様も多く来店しているのが現状ではないでしょうか?

このようにどんなに理想を追い求めても一定数の「来てほしくないお客様」というのは必ず来店されます。

そしてその割合が多いサロンほど集客や売り上げに悩んでいる場合が多いのです。

そんな時皆様は「来てほしくないお客様」にどのような対応をされていますか?

当然、来てほしくないお客様でもお客様であることには変わりないので無下には扱っていないでしょうが、そのような無難な対応を続けていくことはサロンの為にも皆さんの為にもなることはありません。

嫌なお客様でも来てくれれば売り上げに繋がるという考えもありますが、その考えこそがご自身のサロンの成長を妨げてしまう可能性もあるのです。

そこで今回は望まないお客様をなぜ「リストラ」しなければいけないのかについてご説明したいと思います。

なぜ来てほしくないお客様ばかりが来店するのかを考える

お客様のリストラについて考える前に、まずはどうしてご自身のサロンに来てほしくない層のお客様が集まってしまうのか考えてみます。

原因の一つとして考えられるのが皆さん自信が「来てほしいお客様」と「来てほしくないお客様」の認識が曖昧になっているケースです。

理想の顧客像がハッキリしていないとどのツールを使って集客を行ったとしてもそれは理想の顧客像に対してもそうでない顧客像に対しても両方に訴えかけるものになり結果として不特定多数の方がターゲットになってしまうのです。

これを避けるためには自分の提供する技術やサービスは誰のためのもので、誰の役に立つものなのかを明確にしなければなりません。

そこが明確になっていれば宣伝やキャッチコピーにおいても理想の顧客像に対して訴求できるはずです。

またご自身のサロンの価格が安い場合はそれが来てほしくない顧客を呼び込む原因になっていることも考えられます。

サロンの価格と言うのは皆さんのサロンの価値を表すものです。

つまり皆さんのサロンの価格が安い=価値が低いとお客様は考えます。

サロンの仕事の本質とは価格以上の価値を提供してお客様に満足してもらうことですから、初めから価格が安いと言うのは自ら自分のサロンで得られる価値は低いと宣伝しているようなものなのです。

お客様は価格に対して非常に敏感ですから、価値が低いと認識したらその価値に見合った対応をします。

「予約していたけど安い店だからわざわざ連絡しなくてもいいか」

「予約に遅れそうだけど大丈夫だろう」

このように価値が低いと認識されるとようはお客様になめられてしまうのです。

「価格の安いサロンは顧客の質も悪い」というのは個人サロンを営む上での格言ですが、望まぬお客様が多く来店するのはその大半が自分自身が原因なのです。

1回ドタキャンされるといくら売り上げが減ると思いますか?

そうは言っても望まない層のお客様でも来ていただければ少なからず売り上げになるので簡単には切ることが出来ないと考えているオーナー様も多いはずです。

しかしそういったお客様は先ほど述べたように皆さんのサロンを低く見ている訳ですから当然、ドタキャンや急な予約の変更も多いのではないでしょうか。

そういった身勝手な行為はサロンだけでなく他の優良なお客様にとってもデメリットでしかありません。

ましてや望まないお客様が原因でその他の優良顧客が減ってしまっては元も子もありません。

そこで皆さんに問いたいのは、来てほしくないお客様がドタキャンした時に自分のサロンはいくら損をしていると思いますか?ということです。

普通ならドタキャンされた分の売り上げだけ損したと思うでしょうが、果たして本当にそれだけなのでしょうか。

例えば自分のサロンで物品を販売している場合、その商品が余らないように仕入れ売り切ることはとても大切なことです。

しかし、仕入れた商品が売り切れた時に経営者ならば売り切れたことを喜ぶのではなく、もっと在庫があれば後何個売れたのか、それによっていくら儲けられたのかを考える必要があると思います。

もっと買いたい人がいてそれを逃すことを「機会損失」と呼んだりしますが、本来なら在庫がなくなったことで逃した売り上げも損失だと考えるべきなのです。

これを来てほしくないお客様がしたドタキャンにあてはめて考えてみると、

「来てほしくないお客様が予約する」

「来てほしいお客様が予約できなかった」(機会損失による売り上げ損失が発生)

「お客様がドタキャンする」(2回目の売り上げ損失発生)

ということになるのです。

このように来てほしくないお客様が多くなればなるほど、本当に来てほしいお客様の為の枠が埋まりそれが結果的に二重の損失に繋がることがご理解いただけたでしょうか。

皆様が売り上げの為にやっていることが実は売り上げを下げている原因になっているかもしれない点を良く考えお客様の「リストラ」をすすめてみてはいかがでしょうか。

サロンを経営している方なら誰しも顧客ターゲットにマッチした理想のお客様だけに来店して欲しいと望んでいるはずです。

もし来店される方が皆さんの望むようなお客様ばかりなら皆さん自信のモチベーションも上がるでしょうし、お客様の満足度だってきっと高まることでしょう。

しかし現実はそう甘くないので、実際には言い方は悪いですが面倒なお客様や厄介なお客様も多く来店しているのが現状ではないでしょうか?

このようにどんなに理想を追い求めても一定数の「来てほしくないお客様」というのは必ず来店されます。

そしてその割合が多いサロンほど集客や売り上げに悩んでいる場合が多いのです。

そんな時皆様は「来てほしくないお客様」にどのような対応をされていますか?

当然、来てほしくないお客様でもお客様であることには変わりないので無下には扱っていないでしょうが、そのような無難な対応を続けていくことはサロンの為にも皆さんの為にもなることはありません。

嫌なお客様でも来てくれれば売り上げに繋がるという考えもありますが、その考えこそがご自身のサロンの成長を妨げてしまう可能性もあるのです。

そこで今回は望まないお客様をなぜ「リストラ」しなければいけないのかについてご説明したいと思います。

なぜ来てほしくないお客様ばかりが来店するのかを考える

お客様のリストラについて考える前に、まずはどうしてご自身のサロンに来てほしくない層のお客様が集まってしまうのか考えてみます。

原因の一つとして考えられるのが皆さん自信が「来てほしいお客様」と「来てほしくないお客様」の認識が曖昧になっているケースです。

理想の顧客像がハッキリしていないとどのツールを使って集客を行ったとしてもそれは理想の顧客像に対してもそうでない顧客像に対しても両方に訴えかけるものになり結果として不特定多数の方がターゲットになってしまうのです。

これを避けるためには自分の提供する技術やサービスは誰のためのもので、誰の役に立つものなのかを明確にしなければなりません。

そこが明確になっていれば宣伝やキャッチコピーにおいても理想の顧客像に対して訴求できるはずです。

またご自身のサロンの価格が安い場合はそれが来てほしくない顧客を呼び込む原因になっていることも考えられます。

サロンの価格と言うのは皆さんのサロンの価値を表すものです。

つまり皆さんのサロンの価格が安い=価値が低いとお客様は考えます。

サロンの仕事の本質とは価格以上の価値を提供してお客様に満足してもらうことですから、初めから価格が安いと言うのは自ら自分のサロンで得られる価値は低いと宣伝しているようなものなのです。

お客様は価格に対して非常に敏感ですから、価値が低いと認識したらその価値に見合った対応をします。

「予約していたけど安い店だからわざわざ連絡しなくてもいいか」

「予約に遅れそうだけど大丈夫だろう」

このように価値が低いと認識されるとようはお客様になめられてしまうのです。

「価格の安いサロンは顧客の質も悪い」というのは個人サロンを営む上での格言ですが、望まぬお客様が多く来店するのはその大半が自分自身が原因なのです。

1回ドタキャンされるといくら売り上げが減ると思いますか?

そうは言っても望まない層のお客様でも来ていただければ少なからず売り上げになるので簡単には切ることが出来ないと考えているオーナー様も多いはずです。

しかしそういったお客様は先ほど述べたように皆さんのサロンを低く見ている訳ですから当然、ドタキャンや急な予約の変更も多いのではないでしょうか。

そういった身勝手な行為はサロンだけでなく他の優良なお客様にとってもデメリットでしかありません。

ましてや望まないお客様が原因でその他の優良顧客が減ってしまっては元も子もありません。

そこで皆さんに問いたいのは、来てほしくないお客様がドタキャンした時に自分のサロンはいくら損をしていると思いますか?ということです。

普通ならドタキャンされた分の売り上げだけ損したと思うでしょうが、果たして本当にそれだけなのでしょうか。

例えば自分のサロンで物品を販売している場合、その商品が余らないように仕入れ売り切ることはとても大切なことです。

しかし、仕入れた商品が売り切れた時に経営者ならば売り切れたことを喜ぶのではなく、もっと在庫があれば後何個売れたのか、それによっていくら儲けられたのかを考える必要があると思います。

もっと買いたい人がいてそれを逃すことを「機会損失」と呼んだりしますが、本来なら在庫がなくなったことで逃した売り上げも損失だと考えるべきなのです。

これを来てほしくないお客様がしたドタキャンにあてはめて考えてみると、

「来てほしくないお客様が予約する」

「来てほしいお客様が予約できなかった」(機会損失による売り上げ損失が発生)

「お客様がドタキャンする」(2回目の売り上げ損失発生)

ということになるのです。

このように来てほしくないお客様が多くなればなるほど、本当に来てほしいお客様の為の枠が埋まりそれが結果的に二重の損失に繋がることがご理解いただけたでしょうか。

皆様が売り上げの為にやっていることが実は売り上げを下げている原因になっているかもしれない点を良く考えお客様の「リストラ」をすすめてみてはいかがでしょうか。