値上げってアリ?値上げにはこんなデメリットが!

自宅サロンを経営されている方の永遠のテーマとも言えるのが「値上げ問題」ではないでしょうか。

サロン開店当時はとにかくお客様に来てもらうために薄利でもいいからと価格を安くしてしまったばっかりに安定して集客が見込めるようになるとその時の安易な考えが仇となっている方は多いのではないでしょうか。

そこで今回はこの値上げを行った時に考えられるデメリットについて考えてみました。

既存客が離れてしまう可能性がある

何の理由も無く急に値段が上がれば当然既存客が離れて行ってしまうことが考えられます。

昨今は材料費の高騰などで値上げを余儀なくされているサロンオーナー様も多いですが、その方達にお話を伺うとやはり一定数の失客は避けられないようです。

そういった値段を上げざるを得ない事情がある時に有効なのが、価格を上げる代わりに付加価値も高めるということです。

材料費が高騰した分を価格に上乗せする代わりにサービス時間を増やすといった方法や、価格が上がった分オプションが1つ増えるというような一見するとお客様にとっては値上げすることがメリットになっていると思わせれば少なくても単なる値上げよりもマイナスイメージを持つ方は少なくなるはずです。

今後の集客に影響する可能性がある

値上げする上で気を付けなければならないのが同業他社との価格差です。

あなたのサロンが値上げする金額が同地域で営業している同業他社の価格と明らかに乖離していれば当然集客に大きな影響を及ぼすことになります。

個人サロンの経営で難しいのがこの同業他社との価格差なんです。

例えば同業他社のA店に比べて自分のサロンの方が価格が安かったとしてもそこまで集客が変わらないのに対して、たった数百円でも高くなってしまうと逆に集客には大いに影響するのです。

だからといって現状他店より高い価格を多少下げてもほとんど効果がない上に、一度下げてしまった価格を上げるとこんどは既存客から「値上げした」と思われてしまう負のスパイラルが待ち構えているので安易な値上げや値下げは非常に危険なのです。

このようにもし値上げを考えている場合はまず同業他社との価格差の調査を行うことも重要です。

何のために値上げをしなければならないのか

そして何のために値上げをしなければいけないのかというのもしっかりと考えなくてはなりません。

ただ漠然ともっと儲けたいからと考えて値上げをしてもそこに正当な理由が無ければお客様は敏感に反応します。

もちろん値上げを検討しているオーナー様の大半が収益を上げるためというのは理解しているのですがそれをお客様に悟られてしまうとお客様は離れて行ってしまうのです。

ここで重要なのはどうして収益を上げなければいけないのかということなのです。

収益を上げて欲しいものを買ったり贅沢したい、もちろんこう言った理由もあるかと思いますが商売を性交させているオーナー様に共通してるのが「収益を上げて顧客に還元したい」という想いです。

  • サロンをリニューアルしてさらに居心地の良い空間を提供する
  • お客様に満足してもらえるように新たな技術を習得する
  • 設備を増やしてよりよいサービスを提供する
これらは顧客への還元に繋がるものですが、これを行うためにはしっかりと利益を上げて自らの生活も充実させていなければなりません。

中には自分の生活を犠牲にしてまでも顧客への還元をしたいと思っている方もいらっしゃるでしょうが恐らくほとんどの方がまずは自分やスタッフの生活ありきだとお考えかと思います。

ですが私生活を充実させ余剰分をきちんと還元するためには利益が出ていないことには始まりません。

もし今ままの価格では利益が出ないのであれば逆にいうと値上げをするしかないのです。

その為に重要なのがいかにお客様に価格<価値このように思ってもらえるような価値を提供することができるかということ。

もし値上げをしても既存のお客様から「いつもあなたの施術には満足しているからこれくらいの値上げは気にならない」と思って頂いている自信があったり、このサロンなら子の価格でも行ってみたいと思えるような特徴があるのなら是非値上げすべきだと思います。

そして値上げによって得た利益は自分だけでなくお客様にもきちんと還元すればいつの間にか値上げしたことなんて誰も覚えていません。

このように値上げをすると

  • ある程度の失客が予想される
  • 今後の集客に影響する可能性がある
というデメリットがあると考えられます。

しかし一方で、値上げをしてもそれがお客様から見て価格<価値と思えるサービスを提供することが出来ればそこで得た利益で私生活が充実したり、その分お店の設備を整えるなど顧客に還元できればさらなる集客に繋がる可能性があることもご説明しました。

値上げをするのはとても勇気がいる決断ですが、値上げをしなければ経営が立ち行かなくなるのであればいずれにしてもどこかのタイミングで決断しなければなりません。

その時に値上げをしたことが経営に響かないような毎日の接客と対応を心がけることが大切だと考えます。