サロンの売り上げが悪い理由!あなたのサロンお客様目線を意識してますか?

売り上げの悪いサロンはまずどうやったらお客様に来ていただけるかを考えます。

それは集客の方法であったり時には値下げまでして何とか売り上げを上げようと努力なさるはずです。

ですがそのような時に行った施策というのは結果的に自分や自分の店の為であって、お客様の為になっていない=お客様目線ではないことが多々あります。

商売が成功するというのは結局お客様に喜んでいただくことの積み重ねによって起こるのでそれを実現するためにはピンチの時に考えた独りよがりの解決法ではなく、冷静な状態で相手の立場になって考えることが必要になります。

ではお客様目線はどのように鍛えたら良いのでしょうか?

今回はそんな分かり辛いお客様目線を簡単に手に入れることができる方法を7つのステップに沿ってご説明します。

サロンのオーナー様がお客様目線になっていないのはなぜ?

普通に考えればサロンのオーナー様ほどお客様のことを考えている方はいないでしょう。

お客様にどうやったら来てもらえるのか、お客様にどうやったら喜んでもらえるのか、サロンのオーナー様は常にこのようなことを考えていらっしゃると思います。

ですが、お客様に対する熱意が強いが故に、それが結果としてお客様目線から遠ざかっていることも多いのです。

誰しも売りてから買い手に回ったらお客様ですが、自分がお客様になった時にいくら熱意がある店に足を運んでも内容が専門的過ぎたり偏った表現ばかりだと購入を躊躇いませんか?

自分が買い手の時にはそういった冷静な判断ができるのですが、それがいざ売り手に回るといつの間にか自分のサロンもお客様目線からズレてしまっているものです。

そこでこれからご説明する7つのステップで再度お客様目線を鍛えてみてくdさい。

ステップ1 同業のサロンを調査してみる

最初のステップとして同業のサロンを調べてみましょう。

例えばあなたのサロンの業態が「エステ」なら「エステ 地域名」で検索します。

また業態だけでなく自分のサロンでおススメしているメニューのキーワードなども検索してみて下さい。

まずはキーワードを選定して同業の店舗を100店舗ほどチェックしてみましょう。

ステップ2 自分が行ってみたいと感じた店舗をピックアップ

上記の中であなたが行ってみたいと感じた店舗を数店ピックアップしてみましょう。

多くても少なくても構いませんが大事なのはあなたが直感的に行きたいと感じた店舗をピックアップすることです。

ステップ3 なぜその店舗を選んだのかを考える

ステップ3ではステップ2でピックアップした店舗になぜ行ってみたいと感じたのかを思いつくまま書き出してみましょう。

  • 魅力的なキャッチコピーだった
  • 口コミや写真が豊富で安心感を感じた
  • メニューが分かりやすかった
  • オーナーや店舗のイメージが良かった
このように色々な理由が出てくるはずです。

そしてあなたがピックアップした店舗に行ってみたいと感じた理由はきっと一つだけではないはずです。

「サロンの写真や口コミが多くて店舗のイメージが湧いた。それにメニューの内容が魅力的だった。料金は少し割高だけどこの内容だったら支払っても良いと思った。それにオーナーと自分の年齢も近くて親近感が湧いた」

実際にはこのように詳細な内容になるかと思います。

この情報だけでも自分のサロンとの比較になりそうではないですか?

ステップ4 行きたいと思わなかったサロンのことも考える

1~3までのステップを行うことで、自分が行きたいと思ったサロンがどのような工夫をしているのか?どのような見せ方を行っているのかがかなり明確に分析できたと思います。

そこでこのステップではそれと逆で自分が行きたくないと感じた店舗が何故行きたくないと思ったのかを書き出してみて下さい。

ステップ5 同業以外の店舗もチェックする

ステップ5ではここまで行ってきた1~4のステップを自分のサロンと同業以外の店舗でも行ってみましょう。

あなたがエステサロンのオーナー様なら美容室やリラクゼーションサロンなどを検索します。

自分の同業というのはその内容に関してどうしても知識からくるバイアスがかかってしまうものなので素人目線になりきれないものです。

だから同業以外にも他業種でも同じ作業をすることが大切なのです。

  • このメニュー専門用語ばかりで内容がさっぱり分からない
  • このサロン何してるサロンなの?
  • このサロンのここが嫌だと感じる
同業以外の店舗ならこんな感想がどんどんと書き出せるはずです。

ステップ6 自分のサロンと比較する

このステップではステップ5で挙げた嫌な部分が自分のサロンに当てはまっていないかをチェックします。

改めてお客様目線でチェックしてみると今までのステップで見えてきた問題点や改善点が自分のサロンでも見つかるかもしれません。

ステップ7 良い点は遠慮せず真似する

初めにも述べた通り、今回はお客様目線を養うのに加えて自分のサロンをもう一度見直し、改善することを目的にしています。

同業のサロン以外にも他業種のサロンについても調べていく中で

  • こういうアイデアが良かった
  • 写真の見せ方が上手
  • 魅力的な内容のメニュー
こういったものが多く発見できたのではないでしょうか?

そして良いと思ったアイデアはどんどん真似してしまいましょう。

もちろん丸々盗むのではなくあなたのサロンなりのアレンジを加えればそれがある意味オリジナルのサービスになります。

今回ご紹介した方法は無料でお客様目線が養われて、さらに同業他社のリサーチにもなるはずです。

売り上げが伸びずに悩んでいるオーナー様は試してみてください。