クリスマス直前!男性をターゲットにして集客・売り上げアップしよう!

12月になるとサロンの売り上げに大きく関係するイベント、そう「クリスマス」がやってきます。

クリスマスの時期はお客様の財布の紐も緩いのでいつもより単価の高いメニューでも注文される確率が高いのでサロンにとってはチャンスの時期です。

ですが、せっかくの一大イベントなのにターゲットとなるお客様を固定しすぎていませんか?

そこで今回はクリスマスに向けてあらたなターゲットとなりえる「男性」のお客様にフォーカスして集客や売り上げをアップさせる方法について考えてみたいと思います。

クリスマスプレゼントを買うのは女性だけではない!

サロンに来店されるお客様は年齢のばらつきはあったとしてもそのほとんどが女性のお客様だと思います。

そこでクリスマスでは女性客が喜ぶようなメニューやプレゼントを用意する訳ですが、女性にとってクリスマスプレゼントは自分で買うのもそうですが、男性から貰うことも多いですよね?

そう考えると、普段は顧客になり得ない男性に対して「奥様や彼女へのプレゼントにいかがですか」と上手くアプローチすることが出来れば更なる売り上げアップに期待できるのではないでしょうか。

クリスマスに勝負を仕掛けるのは皆さんだけではありません。

多くのライバルたちも同じようにクリスマス商戦に向けて用意周到に準備していると考えればターゲットの取り合いになることは必至でしょう。

ですが、同業がターゲットにしていない層に対して有効なアプローチをすることが出来たら更なる売り上げアップが見込める上に顧客を独占することだって出来るかもしれません。

今年のクリスマスは是非「男性」にターゲットを絞ってみてはいかがでしょうか?

多くの男性はクリスマスプレゼントに悩んでいる

現実問題としてクリスマスプレゼント選びに多くの男性が困っていることをご存知ですか?

一般的にはブランドのバックやジュエリーなどをプレゼントするのでしょうが、付き合いの長いカップルや夫婦ほどプレゼントはマンネリ化しているものです。

ハズレの無い無難なプレゼントもいいけれど、たまにはサプライズもしてみたいそう思っている男性も非常に多いのです。

またクリスマスプレゼントってどうしても子供が最優先になってしまうので奥様のプレゼントを後回しにした結果、何を買ったらいいのか分からず悩んでいる方も沢山います。

そんな時、皆さんのサロンが特別なメニューを提供出来たらどうでしょう?

普段なら気にも留めてくれない男性の目の色はきっと変わるに違いありません。

男性からしたら、いつもと違うプレゼントが出来るし、サロンからすれば新たな顧客を開拓出来るので、クリスマスに男性に訴求するのは双方にとってメリットばかりなのです。

男性だからといって安売りせずに最高のメニューを提供しよう

今年は男性もターゲットに!そう思った皆さんにご注意いただきたいのが男性だからと言って決して安売りしないことです。

只でさえ、クリスマスには多くのサロンがキャンペーンと称して安売りに走る傾向があるのでそれに合わせて価格を下げてはいけません。

もし皆さんがクリスマス用のメニューを安易に安くしてしまえばせっかく得られた新規顧客を簡単に手放すことになってしまいます。

その理由は想像すれば簡単に分かるのですが、男性からプレゼントを受け取った恋人や奥様が来店された際にそのプレゼントがクリスマスキャンペーンで割安になっていたと知ったらどう思うでしょうか?

せっかく楽しい気分で来店されたのに「安いからこのプレゼントにしたのか」と思い悲しい気持ちになってしまうはずです。

それだけならまだしもプレセントをくれた相手との関係も微妙になるのは容易に想像できます。

せっかく購入してくださる男性に恥をかかせない為にも

  • クリスマスだからと言って普段あるメニューや商品を安くしない
  • クリスマス用の特別なメニューを用意する
  • その際の価格は高めに設定する

この3点にはくれぐれも注意しましょう。

クリスマスは男女ともに財布の紐が緩みますし、特に男性は女性に対して良いところを見せたいと思うものです。

それなのにわざわざ価格を下げてしまうのがどんなに損をしていることなのか経営者なら考えなくてはいけません。

クリスマスには遠慮なく高単価の特別メニューを作り(当然それに見合う価値を提供)男性に良い恰好をさせてあげましょう!

そしてそのプレゼントを受け取った女性が男性の事をもっともっと好きになるようにおもてなしをしてあげて下さい。

それがクリスマスにおけるサロンの役割ではないでしょうか。

効果的に男性を集客する方法

とはいえ男性に対して効率的に訴求するにはどうしたら良いのでしょうか?

普段集客にSNSや媒体を利用しているサロンがいくら男性向けに宣伝をしたところで自分の商圏の男性に直近で訴求するのはとても難しいでしょう。

そこでオススメなのがチラシを手渡しする「ハンディング」です。

ハンディングすればターゲットの男性に直接宣伝することが可能ですし、ターゲットが男性ならいつもより受け取ってくれる可能性も高いと考えられます。(チラシを手渡すのが女性だった場合)

そしてチラシを渡す際にはいつものように「○○サロンです」ではなく「奥様や恋人のプレゼントにいかがでしょうか?」と言って渡すようにしましょう。

その方が「クリスマス」や「プレゼント」といった潜在的な意識を呼び覚まし、さらに受け取ってもらえる確率が上がるはずです。

このように今回はクリスマスに新たなターゲットに訴求してみることをご提案しましたが、イベントはクリスマスだけではありません。

集客に悩んでいるサロンほど普段のお客様ばかりにフォーカスしがちですが、知恵と工夫次第では今回のように新たなターゲットを作ることだって出来るのです。

まずは直前に迫ったクリスマスに向けて男性をターゲットにしてみてはいかがでしょうか。